上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなタイトルの小説、映画もありました。


一年ぶりに、道東の某有名河川へ。

江別のカフェBIGFORESTに集まる方々と

一緒に連れて行ってもらいました。


とは言っても、30人弱の大所帯 笑



夜を徹して移動。道中はまさかの雪。

途中のパーキングで休憩。

そこで見た星空は、今までに見たことがないくらい

鮮明で、空一面に広がるものでした。



日の出を待たずに、釣り開始。

目星をつけた最初のポイントで、幸先よく釣れてくれました。

アメマスちゃん。

111003-1


割とテンポよく釣り上がっていき

スレと口、2:1くらいでポツポツと。



60クラスの遡りアメマス、スレでかかると

腕もパンパン。一度つりました。(^^;



粘ったポイントで食ってきたのは

まずまずの62cm。

オレンジのエッグでした。

111003-2


日が昇ると食いも渋くなり、しばし沈黙。

こんな可愛いサイズも、スレで掛かったり‥


111003-3


雲行きが怪しくなり、雪が降りだす。

撤収も近くなった頃、青マラブーを口元(外側ですが)に

つけながら上がってきたのは

納得の74cm。

初めての70アップでした。

111003-4


だいぶ色もついていたので、産卵間近だったんでしょう。

いじめてごめんね。



他の方々の釣りを横目で見てましたが

やっぱりみなさん上手です。


自分ももっと上手くなりたいなーと思うのでした。


楽しい一日でした。
連日暑かった夏休み。

近郊と十勝で、5日連続釣りをしてみた。



8/10

日中、新規ナマズポイントを探して、近郊をウロウロ。

目をつけていたポイントの一つでは、泳ぐコイを発見。

キャタピーを投げても、案の定反応なし。

また近いうちに、夜釣りで。



8/11

近郊の渓流。夏はウグイがいっぱいいるのは知りつつ

ちょっとデカめのドライを放り投げつつ、釣り上がる。

唯一の釣りあげたのは、やっぱりウグイ。

#6のラバーレッグスティミュレーターに食いつく。

#12のビートルで掛けた20cm強のニジマスは、ジャンプされフックアウト。

何度かスズメバチに追い回され、嫌になって脱渓しました。



8/12

翌日からの十勝釣行を見据え、練習がてら千歳川へ。

ニンフの釣りを覚えたくて、慣れないアウトリガーで攻めてみる。

しばらく続けて慣れてきた頃、川底をコツコツして流している感覚をつかみ

そのうちにクッというアタリを感じることができた。

上がってきたのはウグイちゃん。

でも貴重な一尾となりました。

110812_ウグイ



8/13

一度釣りをしてみたかった、札内川へ。

AM6時頃、目をつけていた橋には先行者の車があったので、適当なところで入渓。

入ってすぐのところ、日向の淵尻でライズ発見。

淵をニンフで攻めきれず、ウグイだろうと思いつつもライズ地点にウェット#12を流す。

あっさりヒット。

しかし思った以上に引く。

上がってきたのはニジマス。小さいながらもコンディションは完璧。

110813_ニジマス

その後もウェットをつけたまま、なんてことのない瀬を流していくと

あちらこちらでアタリ、ヒット、バラシ。

一瞬、「ここは釣堀か?」と思うほど、チビの反応は良い。

ある淵ではフラッシュバックニンフ#12で一尾ゲット。

しかし9時頃日が高くなると、パッタリと反応が無くなる。

一つだけ見つけたライズに対して、スティミュレーター#4を投げると、ヒットするもバラシ。

その後は全く反応なく釣り下る。

そうしているうちに当たりフライのウェット#8を発見。

またヒット&バラシを続け、お腹が減ったため一時中断。

110813_札内川


午後も同じようなパターンで釣り下り、チビニジの反応は続く。


結局何尾釣ったか、よくわからないけれども、たぶん8尾くらい。

ニジマスしか釣れないのは、珍しいことです。

ECHO3の竿の長さと、ファストアクションは、ちょっとバレやすかった原因かと思います。

夜は更別村の福祉センターで入浴し、中札内村の道の駅にて車中泊。


8/14

3:30起床の予定が、寝坊して4:30。

隣の戸蔦別川へ移動。

なかなかめぼしい入渓点が見つからず、なんとなくの場所に決めてみる。

川へ足を踏み入れると、足元の水の中に何かが。

それはニジマスの死体でした。しかも4尾。まだ数日経っていなさそうでした。

ニジマスの川で、ニジマスを殺して、何がしたいのでしょうか?意味が分かりません。

そこからちょっと釣り上がったところで、スティミュレータ#4にチビニジが1尾。

ウェット#4でも数回バラシ。やはり魚の反応は良いです。

日が高くなると反応が悪くなりそうな気がしており、

あまり山奥へは行きたくなかったことから、大きく音更川へ移動。


しかし、どこもかしこも車が停まっています。

札内川とはだいぶ様子が違います。

やっと車を停められたのは、昼近くなった頃でした。

釣り下って行ったところで、魚が溜まっていそうな落ち込みを発見。

フラッシュバックニンフ#12を流してみると、出ました。

110814_ニジマス


しかも同じポイントで3尾。


その後もニンフには時折反応があり、手元でぶら下げていてもウグイが食いつき

フラッシュバックニンフの集魚力には驚かされました。

小雨が降り出し、ちょっと早めに納竿。


道の駅を回りつつ、夜は土砂降りの中帰ってきました。



十勝はニジマスが多いです。稚魚放流したものでしょうか?

そしてニンフの釣りが少しだけ分かりました。

これから練習していきたいと思います。



久々にいっぱい釣りをした、夏休みでした。

暑さも、少しだけ、紛れたような。

110814_バイカモ
今年チャレンジしていることの一つ

「道の駅108全駅制覇」


あまり十勝方面へ行っていなかったため

スタンプを押すついでに、釣りをしてみました。


◇11月20日


道の駅の開館時間に行動が左右され

釣りをすることができたのは

13:30~15:30の2時間。


南十勝の某アメマス河川





隣の川に入ってみました。


ポイントなんて、全くわからない。

歩けばどこかに居るだろう、と

足で稼ぐことに。



だがしかし、



歩けど歩けど、魚影が見つからない。


怪しい場所に、近距離まで近づいてみても、何も逃げない。

もっと溜まっているかと思ったんだけど‥



あっという間に時間は過ぎ、Uターン。



時折、浅瀬を逃げ回る小魚。

色んな川で見かけるが、正体がわかったことはない。


今回はそいつを執拗に追い掛け回し

石の隙間に逃げ込んだところを手づかみ!


2010.11.20 ヤマメ


ヤマメでした。


でもこの時期にこのサイズ?

何か腑に落ちない。


出発点の近くまで戻ってきたとき、

ようやく魚の姿を発見。


60cmくらいのアメマスが逃げていきました。


そんなこんなで、すぐに夕暮れ。

2010.11.20 夕焼け



◇11月21日


以前来たたことのある、十勝川支流の某ニジマス川


アウトリガーもどきのルースニングで探っていくも


これまた無反応。



無反応。



無反応。




終了。



orz




2週連続の遠征とも、魚は釣れませんでした。


成果を出せない、へっぽこアングラーなのでした。





昨日今日は、ダブルハンドのキャス連。

ロンベリのスペイラインなんて、まだまだ扱えない。


ヘッドの扱いは慣れてきたから、いつでも十勝川のアメマスは

狙いに行っても大丈夫そうだ。


いつ行けるだろう?


今年中?来春?



それは、今日新しくできた釣り仲間から

誘いの連絡が来るとき。



早くまた十勝晴れが見れますように。

2010.11.21 平野

2010.11.07 2010.11.06 O川

道東にある、雨鱒の川へ。



今回は女性を一人連れて行きました。



釣り番組、釣り雑誌、

近年女性の登場する機会が多いように感じます。


昨今は、「アウトドア女子」「山ガール」など

若い女性をターゲットとした商戦が繰り広げられていますが、

それもきっと一過性のもの。



流行ってるから、という動機ではなく

釣りをする女性が増えて欲しいと思います。



ということで、

釣りガール養成講座。



今回で第2回目。

前回は釣らせてあげられませんでした。




川へ着くも、至る所に車が。


ちょっとだけ空いている場所を見つけ、釣り開始。



水量が少なく、ポイントも少ないうえ、

結構きわどい所を狙わなければならない。



まずは手本を、という気持ちで釣り上がっていくも

なかなか魚は顔を出さない。


ルアーロッド用にルースニングもどきのシステムを組んだのですが

ちょっと投げづらい。


数尾掛けるも、バラしてばかり。



先行者に追いついてしまったため、決めたポイントで粘ることに。



フライロッドを出し、いつものスタイルで狙ってみると

2010.11.07 ヒット

2010.11.07 アメマス1


とりあえず、2尾。



なんとなくの雰囲気を伝えたところで

連れにルアーロッドを託す。


なかなかキャスティングの筋は良く

距離は申し分無し。


数投に一回、ピンスポットを流せる場所に入る。

ナチュラルドリフトもすぐ覚える。



そして、キワドい所を流れていた、マーカーが沈む。


合わせを入れるも、掛かりが浅いようでバレてしまう。


そんなシーンが3回。




しつこく流しても、魚の反応は無い。




陽が傾き始め、一つの大場所にポイントを絞り込む。



何度も投げ、いいレーンをマーカーが流れていったとき‥


2010.11.07 アメマス2


ついに釣り上げた!

(帽子とダウン、貸しました)



続けて、同じポイントでもう1尾追加。





立派な釣り人になってくれたようです。





なかなか釣れない状況のとき、同行者が釣ったら、

自分のことのように喜ぶことができるのは

釣りのいいところだと思う。




楽しい釣りができました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。