上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
A師匠とのポイント開拓釣行。


最初に向かったのは、とある沼。

狙いはもちろん鱒族ではありません。


濁り水に向かって、

ベイトリールでトップウォーターを投げつつも、

気になってしまう、目の前を群泳するコイたち。


釣ってみたい‥


と、こっそり持ってきていたフライロッドでルースニング。


バックスペースも広くはない上、

コイもかなり着水音に神経質らしく、

とにかく静かに釣ることに徹する。


割と簡単に釣れるかと思いきや、

思いのほか、マーカーに変化はなく、時間は過ぎるのみ‥


諦めてリールを巻き始めたとき、

なんと動いたエッグにリアクションバイト。


大きくないな~と寄せてくると、水際でフックアウト。

脱走寸前の魚を、生温い水の中から持ち上げると、

横たわったのは、マブナでした。


120602-1


初めまして!


産卵直後だったのか?お尻は赤くなってました。



ちょっと臭い釣りですが、これはこれで探究し甲斐がありそうです。

次こそはコイを!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riverholic.blog136.fc2.com/tb.php/40-a0b31166
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。