上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.07 ロッド改造

以前から構想を練っていたロッドの改造を
ついに実行いたしました!


◆ グリップの延長 ~シングルハンドをダブルハンドに~ ◆


#8を振り続けると疲れてくるので、その後は両手で振れるようにと。

また、おまけとしてトップガイドも交換しました。


ではまず材料のご紹介。

120307-1

①UMFウエダ アフィーレ 9f #8

中古で購入し、最近も使用しているもの。
バットエンドのラバーキャップを外し、棒ヤスリで
穴を綺麗にしておきます。


120307-2


②延べ竿

改造の材料として、タックルベリーで購入


120307-3


③パーツ類

今回はBlueBloodさんで通販購入。
・外径30mm、厚さ12.6mmのAランクコルク×6個
・外径32mm、厚さ12.6mmのバールコルク(青)×1個
・内径7.8mm、筒径2.2mmのトップガイド(ブラッククローム)


120307-5

まずトップガイドから。
元々SIC系のものがついていたのですが、水が溜まりやすく凍りやすい、
また、大径のスカジットラインが引っ掛かる、との理由で、交換です。


120307-6


ライターで炙ってペンチで引けば、ポロッと取れます。

そこに新ガイドをエポキシで接着。
(緩かったので、スレッド等で下巻きしてから 笑)


120307-4


お次はグリップ。

バットエンドに延べ竿の2継目を差し込み、適当なところでカット。
(カッターで強行 笑)

コルクリングを刺して、イメージづくり。


120307-7


一晩かけて、ロッドと延べ竿ブランクをエポキシで接着。


120307-8


ブランク同士がしっかりと接着したら、コルクの接着。

コルク同士の接着は木工用ボンドが良いらしいが、無かったので
ブランク-コルクも、コルク-コルクも全てエポキシで強行。
(翌日、道具箱に入っていた木工用ボンドを発見する 笑)


120307-9


乾燥したら、余分の延べ竿ブランクも切断(カッターにて‥)


概ね完成!


いま地道に紙やすりで整えています。
(部屋に埃が舞うと嫌なので、風呂場にてシコシコと‥)



今回かかった費用は、以下。

・棒ヤスリ(ダイソー)¥200
・延べ竿       ¥100
・パーツ類(送料込) ¥1,500


自分でやり遂げた充実感、プライスレス。


これで魚釣ったら、またまた楽しくなりますね!

ぼちぼちサケ稚魚もでてきたし‥?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://riverholic.blog136.fc2.com/tb.php/37-309f2868
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。