上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に止水で引っ張りの釣りがしたい、と

落ち葉の舞う中、ダム湖へ。


121028-1


初めて行くポイントのため、竿が振れる場所かどうかもわからず

とりあえず湖岸に降りてみる。


背後に木が迫っているが、投げる角度によっては何とかなりそう。


今回は新しいラインを購入したので、その試投をしたかったのでした。

kencube パワーヘッドS #6 (type1/type2)

5mのショートヘッドです。重量は17g。

121028-3
copyright / kencube

ボディはスカジット並に太いものの、ティップは比較的細め。

手持ちの10'0" #5の竿に乗せてみる。

とりあえず一投目、適当にDループを作ってみると、ラインの重さと短さのせいか

ルアーみたいに飛んでいきました。



すると



ウグイ、釣れました 笑

121028-2

1投目から魚が見れて、少なからず満足し、その後もキャス練を兼ねて実釣。

まだ実績のない手持ちフライをローテーションしつつ、

2時間ほどでウグイ5匹に遊んでもらいました。



ただ、アンカー切れさせてしまうことが多く、湖岸にフライをチップして

フライが数本壊れました。

キャスティングの上達と共に、もっと耐久性のあるフライを巻くことも必要ですね。


次回は鱒の顔が見たいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。