上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用事を足すため、紋別方面へ。


小雨~曇りの天気であることは、天気予報で確認して行ったのだが、

気温を見ていなかった。



寒い‥

10℃に届かないらしい。



晴れ間が出ると暖かさが感じられ、

夕方までの空き時間の釣りへの意欲も湧くのだった。



「ウグイ釣り、ちゃんとやると楽しいから」

そんなお誘いもあり、4人で湧別川へ。


4月頭にアメマスを釣ったときのリーダーがそのまま付いており、

「2Xじゃ太いかな~。でもウグイだし大丈夫しょ~」と

手頃なニンフを結び、釣り開始。



しかし。



他の人は釣れて、自分は釣れないという、ありがちなパターンに突入。



対応策として、以下を実践。
・3Xティペットを継ぎ足し
・リトリーブの工夫
・フライのローテーション


コパービーズのラーバ系フライで、リトリーブ中に時折ポーズを入れて
フォールさせると、降下中にアタリ発生。


祝、一尾。

120527-1

ザラザラのウロコが気持ち悪いですね~ 笑


パターンがハマったらしく、以後定期的に反応あり。

小さい口から繰り出されるショートバイトはなかなか取れないけれど‥

計6尾くらい釣ることができました。


寒くなったところで納竿となりました。




帰りの温度計は、こんな感じ。

まぁ実際は5℃くらいあるんでしょうけど‥

120527-2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。