上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.31 釣り納め

120114-1

120114-2

120114-3


港へ。

ヒトデのみ。



2012.1.8 釣り初め

120114-4



実釣時の気温、-11℃ ~ -8℃。

こんなに竿とラインが凍って釣りにならなかったのは
初めてでした 笑


しかし、そんな中キャス連している方も発見 笑




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



そんな釣り初めの時に、

シングルハンドで釣りがしたくて

9ft #8の竿に

・エアフロ デルタシューティングヘッド D7S8(10.2m)
・エアフロ ポリリーダー 10ft ファストシンク

を合わせて、シンクティップ的な釣りを試みたのですが、

竿に対してラインが長いのか、どうも扱いづらい印象を受けました。

(技術的な部分は置いておいて‥)



そこで自分へのお年玉がてら、

ラインを一本入手!


120114-5


RIO スカジット ショートヘッド 475gr 20ft。

約6.1mと短く太いラインなので、だいぶ扱いやすくなるはず

という算段。

まだ現地での使用はしていないので何とも言えませんが。



ところが気になったのがこの部分。

120114-6


ラベルにはどう見ても22ftと書いてある。

買う時に確認を怠ったか?と思ったのですが、

やっぱりカタログ値は20ft。


気になったので、ざっくりと測ってみると

溶着ループ含め、だいたい6.4mくらい。



どっちつかずの長さです 笑



フライラインの長さと重さは、あまりアテにならないという

話を聞いたことがあるので、自分は気にしませんが、

ちょっと腑に落ちないところ。


また使ってみてから考えることとします。



末筆ながら、今年も一年どうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。