上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あと3日で2011年も終わり。
30~31日は天気が荒れるという予報だったので
最期のチャンス、と川へ出かけた。

アメマスもしくはブラウンでも、という算段で
選んだ川は千歳川。


あらかじめ目星をつけていたポイントは、
除雪がされていなかったり、工事だったりで、
結局釣竿を出したのは正午頃。

車からポイントまでの短い距離でしたが
膝くらいの深さの雪原を歩くと、息が上がってしまう。
スノーシューが欲しいです‥


予想していたよりも、ゆったりとした流れのポイント。
まだ良く勝手がわかっていない、スカジットコンパクトの先に
Type6のティップを繋いだシステムで、実釣開始。
本当はもう少し流速があるポイントを予定していたので、
予備のティップは持って来ておらず、根掛かりが心配。

前日に巻いた、ウェイトたっぷりのフライではなく、
いつ巻いたかよくわからないチャートのゾンカーの#6をチョイス。


ネットや雑誌で記載されていたようなイメージで、ドリフトを試みる。

7、8投目、スイングがほぼ終了した頃、モソッと手応えあり。


魚はローリングして抵抗するが、#10ロッドなので、グイグイとラインを手繰り、
小さいネットで、無理矢理ネットイン。


アメマス、ジャスト60cm。

111229-1


111229-3


グッドサイズの魚が出てくれました。


その後は、ガイドの結氷と闘いながら
フライを変えつつ、投げ続けるも、
次第に雪が降り始め、風も強くなり、
グローブも濡れて冷たくなってきたので、
敢え無く納竿。


1年の締めくくりとしては、十分な釣行となりました。
これで2011年は釣り納めです。





‥たぶん?

スポンサーサイト

氷点下の日々が続きますが、
まだまだ納竿する気はございません。

自分のモチベーションが上がる日を狙っております‥

しかしながら、やはり現場に行ける時間は減ってしまうので
内職に少し精を出してみる。


以下、11月以降に巻いたフライを少々。



フォームビートル #14

111219-1

今年、ドライフライで一番出番が多かったやつ。

ポコッと水面に浮くフォームと、フワッとしたエアロドライウィングの
組み合わせが、扱いやすさ◎でした。
来年度の改良型は思案中です。



コーヒービーンズビートル #10

111219-3

ネットで海外のサイトを見てた時に見つけた一本。
名前の通り、レシピはコーヒー豆。
視認性、耐久性等については未確認ですが、
何となくの虫っぽさが気になる感じ。



BHFBニンフ(ビーズヘッドフラッシュバックニンフ) #10

111219-2

今年お気に入りの一本、フラッシュバックニンフ。
来年度のお試しとして、ヘッドにビーズヘッド、
ボディにもアリゾナダイアモンドヘアーを使い、
とにかく光るものを作ってみました。
効果やいかに?



ジョック風ウェット #10

111219-5

たまたま見つけて買ったマテリアル、ブルーマラード。
地味ながらも鈍く青く光る羽が気になり、
買って帰ってから鴨の羽だと知り、「あ、あの部分ね~」と納得。
地味すぎず派手すぎず、好きな感じ。



スペイ風&ダンケルド

111219-4

まだ実績は無いけれど、たまに巻きたいスペイフライと
評判を聞く限り、釣れるらしいダンケルド。
ちょっとは形になってきましたが、
まだマラードの扱いがよくわからないところ‥
マテリアル惜しまず、練習してみましょうか。



以上、最近の巻きモノでした。

今は、本流と港に想いを馳せています‥
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。