上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8/21、渚滑川へ。

朝、1時間ほどのチョイ釣り。

やや増水しており、ここぞとばかりにニンフを試してみる。


根がかりらしき感触で竿を立てるも、特に動かず

でも水中では揺らめく魚らしき姿がある。


あ、魚だ。


と気づいた瞬間にすっぽ抜けました。



その後は千葉貴彦氏のキャスティングスクールへ。

シングルのオーバーヘッド、ダブルのスペイ、


途中、土砂降りになっても、練習を止めない方々も(^^;

110821_キャス連



自分では分かっていない細かいところを、

本当に的確に指摘していただきました。



残り日没までの時間、一緒に教わっていたW氏と支流のサクルー川へ。

雨が降る中、またニンフを沈めてみる。


深みで、久々にまずまずのサイズがヒット。

手前の岩に根ズレされ、それをかわしつつ寄せてくると



スポッ。



あぁ‥OTL




2011.8.22


オリオン座を眺めながら、うっすらと世界が明るみ始める頃、

支度を始め、ポイントへ向かう。


オホーツクに注ぐ、とある川の河口。

薄暗い中、川へ上ろうとするカラフトマスが時折、水飛沫を上げる。


1年ぶりの、カラフトマス釣り。

今回は初めて1人でスタートフィッシング。


いつもなら背びれを出して群れが回ってくるのだけれど

今年はなかなかそんな場面が見えない。


日が昇り、手前の魚は全く食い気無し。


やべー、釣れねー、と困っていたところに

名人S氏が駆けつけてくれた。


食い気の無い魚を釣る方法をしばらく模索。

そしてしっかりと結果を出してしまう。


竿をお借りして、釣らせていただきました。

110822_カラフト


その後、自分の#10ロッドでも2尾追加。

スレ掛かりはほとんどバレました。



昨年は#8のシングルで、上げるのに苦労しましたが

#10のダブルでは、存分に綱引きできます。しかも楽しい。


夏限定の楽しい釣りを満喫することができました。

110822_風景



1尾はお持ち帰りして、切り身とイクラに。

イクラはあまり得意じゃなかったけれども

作って食べるとなかなか美味しく感じますね。


魚をさばくと、

命の恵みに感謝する気持ちを思い出させてくれます。
スポンサーサイト
連日暑かった夏休み。

近郊と十勝で、5日連続釣りをしてみた。



8/10

日中、新規ナマズポイントを探して、近郊をウロウロ。

目をつけていたポイントの一つでは、泳ぐコイを発見。

キャタピーを投げても、案の定反応なし。

また近いうちに、夜釣りで。



8/11

近郊の渓流。夏はウグイがいっぱいいるのは知りつつ

ちょっとデカめのドライを放り投げつつ、釣り上がる。

唯一の釣りあげたのは、やっぱりウグイ。

#6のラバーレッグスティミュレーターに食いつく。

#12のビートルで掛けた20cm強のニジマスは、ジャンプされフックアウト。

何度かスズメバチに追い回され、嫌になって脱渓しました。



8/12

翌日からの十勝釣行を見据え、練習がてら千歳川へ。

ニンフの釣りを覚えたくて、慣れないアウトリガーで攻めてみる。

しばらく続けて慣れてきた頃、川底をコツコツして流している感覚をつかみ

そのうちにクッというアタリを感じることができた。

上がってきたのはウグイちゃん。

でも貴重な一尾となりました。

110812_ウグイ



8/13

一度釣りをしてみたかった、札内川へ。

AM6時頃、目をつけていた橋には先行者の車があったので、適当なところで入渓。

入ってすぐのところ、日向の淵尻でライズ発見。

淵をニンフで攻めきれず、ウグイだろうと思いつつもライズ地点にウェット#12を流す。

あっさりヒット。

しかし思った以上に引く。

上がってきたのはニジマス。小さいながらもコンディションは完璧。

110813_ニジマス

その後もウェットをつけたまま、なんてことのない瀬を流していくと

あちらこちらでアタリ、ヒット、バラシ。

一瞬、「ここは釣堀か?」と思うほど、チビの反応は良い。

ある淵ではフラッシュバックニンフ#12で一尾ゲット。

しかし9時頃日が高くなると、パッタリと反応が無くなる。

一つだけ見つけたライズに対して、スティミュレーター#4を投げると、ヒットするもバラシ。

その後は全く反応なく釣り下る。

そうしているうちに当たりフライのウェット#8を発見。

またヒット&バラシを続け、お腹が減ったため一時中断。

110813_札内川


午後も同じようなパターンで釣り下り、チビニジの反応は続く。


結局何尾釣ったか、よくわからないけれども、たぶん8尾くらい。

ニジマスしか釣れないのは、珍しいことです。

ECHO3の竿の長さと、ファストアクションは、ちょっとバレやすかった原因かと思います。

夜は更別村の福祉センターで入浴し、中札内村の道の駅にて車中泊。


8/14

3:30起床の予定が、寝坊して4:30。

隣の戸蔦別川へ移動。

なかなかめぼしい入渓点が見つからず、なんとなくの場所に決めてみる。

川へ足を踏み入れると、足元の水の中に何かが。

それはニジマスの死体でした。しかも4尾。まだ数日経っていなさそうでした。

ニジマスの川で、ニジマスを殺して、何がしたいのでしょうか?意味が分かりません。

そこからちょっと釣り上がったところで、スティミュレータ#4にチビニジが1尾。

ウェット#4でも数回バラシ。やはり魚の反応は良いです。

日が高くなると反応が悪くなりそうな気がしており、

あまり山奥へは行きたくなかったことから、大きく音更川へ移動。


しかし、どこもかしこも車が停まっています。

札内川とはだいぶ様子が違います。

やっと車を停められたのは、昼近くなった頃でした。

釣り下って行ったところで、魚が溜まっていそうな落ち込みを発見。

フラッシュバックニンフ#12を流してみると、出ました。

110814_ニジマス


しかも同じポイントで3尾。


その後もニンフには時折反応があり、手元でぶら下げていてもウグイが食いつき

フラッシュバックニンフの集魚力には驚かされました。

小雨が降り出し、ちょっと早めに納竿。


道の駅を回りつつ、夜は土砂降りの中帰ってきました。



十勝はニジマスが多いです。稚魚放流したものでしょうか?

そしてニンフの釣りが少しだけ分かりました。

これから練習していきたいと思います。



久々にいっぱい釣りをした、夏休みでした。

暑さも、少しだけ、紛れたような。

110814_バイカモ
2011.08.16 2011.8.6 入魂
空知の、とある川。

学生最後の夏休み、10日間の車中泊ひとり釣り旅行の終着点が
たまたま立ち寄ったこの川でした。

小さいながらも元気の良いニジマスとアメマスたちが遊んでくれ
すっきりした気持ちで帰ることができました。



天気の良い、暑い日、

道の駅を巡る道中で、相棒と共に立ち寄ってみました。



木々が生い茂るところでは、アカウシアブ?(スズメバチ柄のアブ)に車を包囲され
降りることができなかったため、あまり期待せずに市街地に入川。

110806_川



最初に現れたポイントで相棒がアメマス1尾とヤマメ2尾を釣り、

その後も小ポイントを狙いつつ釣り下る。



自分のECHO3 10f 5#にもアタリがあり、無事フッキング。

寄せてきた魚は、アメマスでした。

110806_アメマス


ついに入魂、成功です。



その後は相棒がアメマス1尾追加。


いつ行っても遊んでくれる、ここの魚たち。

また来年にでも遊びに来ます。
2011.08.04 2011.8.3
釣り開始、PM9時。

天気は曇り。


また変態師匠A氏の釣りに同行させていただき、

ナマズを探して徘徊してきました。



3年前、初めてナマズが釣れたポイント。

工事か何かの影響で、一昨年、昨年と不調でしたが、

今年は若干回復の兆し。

いくらか反応があります。



最近のパイロットルアー、キャタピーを投げ、

ちょいと巻いてくると



パンッ!

パフッ!

ポフッ!



追い食いするも、掛からない!


もう一度同じレーンを引いてくると



バフッ!




のった!


トルクのある引きを楽しみつつ寄せ、陸にずりあげる。

と同時にラインブレイク。


なんとか陸に居てくれたので、写真を撮れる場所へ移動。


2011.8.3 なまず


久々に会うことができました。




その後、A氏が目を付けているポイントへ。

前回も反応はあったが今回は?



キャタピーで1バイトあるものの、のらず。

その後もパッとしないので、実績はないケロッガーに変更。


するとヒット!


足元まで寄せ、陸に上げようとした瞬間にバレてしまいました。




少々場所を移動し、1投目。


またもやヒット!



足場が高いポイントだったため、

抜き上げるタイミングを見計らっていたら



またバレました‥OTL




そんな感じで終了しましたが、

あの水面が割れる瞬間が、本当に楽しいです。


短い夏を、もっと楽しみたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。