上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.7.23 近郊河川


集合時間、PM8時。

1年ぶりに、変態師匠A氏とのナマズ釣行でした。


いつものポイントから、新規ポイントまで、何か所かハシゴ。

キャタピーを水面でポコポコさせ続け、

3バイト、ノーフィッシュにて終わりました。


ただ、

夏の夜、

カエルの大合唱と、

星空と、

流れ星と、

ホタルが見られるのは、

とても贅沢な釣りだと思う。




2011.7.24 豊平川

先月に引き続き、2回目のワンフライコンテスト。

110724_ワンフライ

今回も相棒と共に参加させていただきました。


相棒がウグイを釣った後、自分も対岸のヤナギの周辺を狙ってみる。

20cmちょっとのサイズの魚がかかってジャンプ!そしてバレる!


その後ヤナギにフライを引っかけ、フック折ってしまい試合終了。


ボウズでしたが、景品でダビングツイスターいただきました。

楽しかったです。




2011.7.25 市内河川


無理やり取った有給休暇。

午前中だけ釣りできる時間があったので、

意気込んで4時に目覚ましセット。



起床、7時半 笑


ほんとに近所の川で遊ぼうかとも思いましたが

せっかくなので、市内の山のほうへ。


ちょっと気に入ってる川で、来るのは3回目。


割と踏み跡があるのですが、入渓点の数キャスト目でニジマスヒット。

110725_入魂ニジ


後ろに写るのは、冬に自作したグラスのショートロッド。

ついに入魂となりました。


その後も#14のフォームビートルを中心に投げ続け、

7尾くらいヒット。最大で28cm。


小渓流をショートキャストで釣っていると

ループをほどいてフライを落とすという動作が

いつもより楽しく感じることができます。


マイロッドも、ロングキャストは苦手だけれど

突っ走るニジマスの動きに合わせてグニっと曲がってくれて、

短いおかげで取り込みも楽に行えました。

いい感じ。


いい天気で、汗だくになって、ハチに追いかけられたりもしたけれど

午前だけで、こんなに楽しめるのは、有意義な休日だと思いました。


また次の小渓流を、マイロッドで釣りたくなりました。


110725_ニジマス
スポンサーサイト
ワンフライに引き続き、今回もイベントに参加。

今年で自分は3回目、渚滑川トラウトダービー。


2人以上の組になって、仲間に計測してもらった

魚のサイズで競います。


快晴の滝上、それほど気温は高くないけれど

ちょっと暑いな~という感じ。


またもや初心者の相棒を引き連れて行ったので

まずはガイドとして役目を果たすことに。



12時の開始と同時に、皆様スタートダッシュ。

結構渋いとの前情報はあったものの、アプローチが簡単な

ポイントから釣り下ることに。


相棒にはウェット、自分にはシケーダ。


相棒もだいぶキャスティングが上手くなってきて

一人で釣らせておいても大丈夫なくらいになりました。

110702_釣りガール


しかしやっぱり渋いことに変わりはなく、

ウェットに2回アタリがあったのみ。


さすがに1匹くらい魚の顔は見たいけれども

終了時刻の19時まで、時間も少なくなってきたので

半分諦めつつ移動することに。



自分もウェットに変更し、相棒先行で釣り下ること15分ほど。


会社から電話が来たので、上司と通話。

通話中に相棒を見ていると、



何か掛かってる。


電話の向こうの上司に

「すみません、いま釣りしてるんですけど、相棒に魚が‥
 ちょっと待ってください‥」

なんて訳のわからないことを言いながら、何とかネットイン。


電話を終えて、サイズ計測。


ニジマス、14cm。

110702_ニジマス1匹目


無事エントリーする魚が出たところ、

数分後には18cmもヒット。


そろそろ自分も釣りたいけれど

もうしばらくは後攻でいようとしていたところ



また何か掛けてる。




しかもまずまずのサイズ。




落ち着かせながら寄せるものの、自分のネットインが下手くそで

なかなか捕まらず。


やっとの想いで救い上げたら


41cm。上出来!

110702_ニジマス3匹目

今年の放流魚と思われますが、状態も良く元気でした。



やっと自分も釣りできるぞ~と意気込むも

アタリが数回あったところでタイムアップ。



自分、エントリーできず。




夜は表彰式を兼ねた宴会。

110702_宴会


「偉いね~、ガイドに徹してたんだね~」と声を掛けられ

「いえ、だいぶ真面目に釣ってました‥」なんて答えたくらいにして。


弟子屈からいらしていたMさんは、自分らが最初に入ったポイント

というより入渓点で10尾釣ったというから、さすがだな~と思います。



ボウズなのにちゃっかり景品も貰い、日が変わるころまで歓談。


初めてホテル渓谷に泊まりましたが、かなり広々とした部屋で快適。



翌日はみんなで朝から川のゴミ拾いをして、帰ってきました。





人が集まる川は、いい川だと思います。

魚にとっても、人間にとっても。


また来年が楽しみです。
かなり遅れてしまいましたが、過去の釣行を。


6月19日、市内を代表する川、豊平川にて

「ワンフライコンテスト」が開かれたので、参加してきました。


ルールは簡単、一本のフライしか使えないこと。


おそらく参加者はイワタロッドさん以外、知らない方々

であろうと思っていましたが、集合場所へ行ったところ

「あ、どうも~」ってな感じで、顔見知りがちらほらと。


やっぱり世の中狭いものです。


初心者の相棒を引き連れて行ったので

キャスティングなんかも教えていただいた後、

10時に釣りスタート。


まだ雪代が収まらない中、ネチネチとウェットを流すも、

反応はさっぱり。


110619_豊平


でもこんな街のど真ん中で、釣りができる環境があることが

素晴らしいこと。



12時の終了時刻を迎えると、優勝者は22cmのヤマメを釣ったとのこと。

お見事。


カップインゲーム(アキュラシー)もすることができ、

楽しい時間を過ごすことができました。


110619_集合

↑イワタロッドさんのとこから拝借



自分も魚が恋しくなり、また相棒にも魚を釣らせたかったことから

夕方を狙って千歳へハシゴすることに。



いつものお気に入りポイントで、相棒に「レクチャー」していると

110619_ヤマメ

ヤマメ


110619_ブラウン

ブラウン


小さいながらも釣らせてあげることができました。



さて、今度は自分の番。と意気込むも‥




反応のないまま釣り下り終わってしまいました。


いつものことです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。