上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.12 2011.6.11-12 猿払
6/11 10時。

ゆっくりと猿払へ出発。


目当てはもちろん、あの魚。




現地に着いたのは16時前。

昨年小物イトウを釣ったポイントに入ることにした。


例年のごとく、多くの釣り人がいるが、

何かが違う。


そう、ボイルがほとんど無い。

活性はすこぶる低そう。



ひとまず闇雲にキャストを開始。


10投ほどしたところ、糸の先から生命感が伝わってきた。





2011.6.11 ヤマメ


確かにサケ科ではあるけども‥

よくまあ#4のジェネラルプラクティショナーもどきをくわえてくれました。



初日の夕方はそれにて終了。





猿払温泉へ行き、冷えた身体を温めることに。

脱衣所で帽子を脱いだところ、横にいた方が

「○○で釣ってましたよね?」と声を掛けてくださった。


「帽子でわかりました」とのこと。




色々教えていただきつつ、また明日頑張りましょう、とお別れ。





翌朝3:30に起床。

ここでトラブル。



なぜか車の警報アラームが作動してしまった!



ピーピー鳴る警告音。

おまけにブーブー鳴るクラクション。

全く効かない電子キー。



もうどうして良いか全然わからず、

車のエンジンを回したところ、無事鎮圧。


迷惑甚だしい。


その瞬間道の駅にいらっしゃった方々、この場にて

お詫び申し上げます。ごめんなさい。




気を取り直して、釣り開始。


やはりボイルはあまりない。

トゲウオも見えない。


昨日お会いした方と挨拶しつつ

しばらく釣っていると潮が変わった。


流れが逆流し始めると、小さいクラゲが

いっぱい流れてきた。


猿払では初めて見ましたが、正常なのでしょうか?


しばらくすると、竿先くらいの距離でイトウがボイルした。



俄然やる気スイッチも入り、集中して釣り続けるも

一向に反応は無し。


周りもパッとしない様子。



次第に疲れが出始め、やる気少な目のリトリーブをしてると、

ググっと魚信が伝わった。


小さいなぁと思いつつも、慎重に寄せてくると、

何故かブルーバック。


ボラ?やっぱりイトウ?




浅瀬に挙げると、銀ピカだった。


2011.6.11 サクラ


ちゃんと元気な状態で川に戻しました。




周りの人々も帰り始めた。

次に来れるのは秋だろうか。



帰り道、利尻富士が見たくなって

豊富あたりの日本海に立ち寄った。



雲に囲まれて、裾野しか見ることができなかった。


でもやっぱり、ここの景色が好き。


2011.6.12 オロロン
スポンサーサイト
2011.06.09 新しい相棒
なかなか時間が作れず、あまり釣りにも行けず

悶々とした日々に刺激を投じるためには

自分の欲求に、素直になるほうが良い。




待っていました。

遠い遠いアメリカから、これが届くのを。


2011.6.9 1
※個人情報は伏せてます



誕生日プレゼントを貰ったかのようなワクワク感と共に

開封して出てきましたのは


2011.6.9 2


ECHOの新製品、ECHO3 10f #5。


某オークションや某中古釣具店で、竿を安く買える昨今、

新品で竿を買ったのは、いつぶりでしょうか。



2011.6.9 3


2011.6.9 4




「がんばろう日本」のフレーズに賛同するのであれば

国内で経済の流れを作るべきだというのは、重々承知していますが、

やはりこの円高、海外から何かを直接買ってみたいという

好奇心がありました。



このロッドの日本国内での通常価格は\52,000。

しかしアメリカのサイトを除いてみると$350.00なのです。

いま$1.00=\83くらいですから、それを考えると

あちらでの販売価格は、明らかにこちらよりはリーズナブル。


しかし、いかんせん海外通販なんて初めてですから

注文の仕方から、支払いの仕方、送料のこと

わからないことばかりでした。


今回、一番信用できそうな感じだったので注文したのが

こちらのお店。Lost Creek Fly Shop


ワシントンという州があること、オナラスカという地名があること

そのあたりから、全てが新しいことでした。



拙い読解力で英語を読み進めると

「International - Overseas Orders, Shipping Fee
 is a flat rate of 30.00, unless item is oversized. 」

の表記。送料は$30.00であると理解しました。


注文の入力フォームを開いてみると

URLが「https」になったので、信用してみる。


他のサイトで竿の関税を調べてみると

3%くらいだとの記載がありました(気がします)。



少々臆しましたが、えいやで注文。



無事、出荷メールも届き、一週間ほどで到着しました。


関税、通関料、消費税等で、別途\1,500かかりましたが、

ロッド:$349.00
送料 :$30.00
その他費用:\1,500

合わせて\33,000くらいで買い物できたのだと思います。


2011.6.9 5

おまけにフライを2つ付けてくれました。

あとはAIRFLO、SCOTT、ECHO、BEULAHのカタログも。



実釣していないので、インプレは書けませんが

きっとこれから相棒として活躍してくれることでしょう。



短い夏を楽しむための、準備の楽しみ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。